« 観光旅行にご招待!? | メイン | 地域と芸能人の関係 »

2004年11月12日

団塊世代の定年と新たな経営課題

日銀の広島支店が発表した調査で興味深い結果を見つけました。

団塊世代の定年、ノウハウ伝承、企業4割悩む――広島県内、日銀調べ (11/12付 日経)

日銀広島支店はこのほど、広島県内企業の人材戦略に関する調査結果をまとめた。調査では、数年後に予想される団塊世代の大量定年退職により、四割強の企業が技能・ノウハウの伝承が経営課題になると回答。一部退職者の雇用延長や社内教育の拡充で優秀な人材を確保しようとする姿が浮き彫りになった。同県のこうした雇用環境の変化は中国地方の他地域にも影響を与えそうだ。

興味深いのは、人材確保に苦労していることではなくて、ノウハウの伝承という「コミュニケーション」が今後とても重要な経営課題として求められてくるという話です。

技能伝承の取り組みでは職場内訓練(OJT)による個別指導が五六%に上り、技能のマニュアル化(三九%)、個人の習熟度表の作成(一六%)などを大きく上回った。

まあ、こういうカテゴライズの仕方しかないのかな、という感じもしますが、どうやって効果の高いOJTにするか、それはつまり、社員教育の話であり、コミュニケーション強化が課題だという話ですよね。ううむ。コミュニケーション専門家にとっては新しいビジネスチャンスです。

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

●最近のエントリー
09/15 宣伝会議の巻頭特集で記事を書きました。
09/13 9/21イベントをソーシャルメディアで面白くする「まめさんテレビ」
09/03 劇団四季ミュージカル「ライオンキング」を観た
09/01 日経BP主催/経営者のためのソーシャルメディア実践講座、参加者募集中
08/31 [つるの式55] とっさにコメントを求められた時の対処法は?

 「つるの式コミュニケーションメソッド」

メールマガジン登録

このblogの筆者によるメルマガにご登録ください。自分の名前で仕事をしていきたい人のための実践ビジネス対人要領&自分マーケティング講座(無料)がメールで届きます。

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



投稿者 鶴野充茂 : 2004年11月12日 11:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kohoman.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/95

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?